知識ベース

HIPAAのお客様に対してRebit PHIフラグを有効にする方法

Rebitを30日間無料でお試しください

ダウンロード中

Rebitバックアップソフトウェア カバードエンティティまたはビジネスアソシエイトとして、1996年の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律の改正の対象となるお客様のデータバックアップのニーズをサポートします。このページは、Protected Health Information(PHI)を含む可能性のあるデータをバックアップするときに、HIPAAのRebitを準拠した方法で使用するのに役立ちます。

この記事は Rebitパートナー およびRebitビジネスのお客様。

PHIおよびHIPAAでRebitを使用するための前提条件

  1. をお読みください RebitバックアップHIPAAコンプライアンス お客様を有効にする前の重要な情報のページ。
  2. あなたはどちらかを持っている必要があります パートナーアカウント または ビジネスアカウント 対応する管理ポータルにアクセスできます。

PHIデータをバックアップする可能性のあるユーザーをRebitに通知します

ユーザーに代わってRebitが保護された健康情報(HIPAAで定義)を作成、受信、維持、または送信するようにRebitソフトウェアを利用するユーザーは、次のいずれかの方法でRebitに通知してください。 Rebitパートナーポータル または Rebitビジネスポータル.

次のようにPHIフラグを有効にします。

  • から ユーザーを追加する 画面で、「このユーザーストアPHIを使用しますか?」の横にチェックを入れます。
  • ユーザーが追加されたら、「true」が PHI カラム。

同様に、既存のユーザーでこの値を編集するには、 更新 または 更新する 必要に応じてボタン。

HIPAAのお客様向けのRebit PHIフラグ

Rebitソフトウェアが最新であることを確認する

Rebitへの重要な変更が提供され、維持されます。 適切なセキュリティを確保する。 Rebitの最新バージョンを定期的にユーザーに使用してください。

ガイドラインを満たすには、ユーザーはバージョン6.1.3001.14966以降(2018年8月リリース)を使用している必要があります。

Rebitソフトウェアから:

  1. クリック 設定
  2. クリック ソフトウェアの更新

そこから、Rebitは自動的にアップデートをチェックし、インストールされている場合はインストールを求めます。

RebitバックアップとHIPAAの詳細情報

詳細については:

無料ガイド:PCを保護するための7つの「途方もなく簡単な」ステップ

ダウンロードするにはこちらをクリック

ディスカッションに参加

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

jaJapanese
en_USEnglish fr_FRFrench it_ITItalian es_ESSpanish de_DEGerman pt_BRPortuguese sv_SESwedish tr_TRTurkish nl_NLDutch pl_PLPolish zh_TWChinese id_IDIndonesian ko_KRKorean ms_MYMalay jaJapanese